魔法の言葉

昨日は月に一度の体のケアの日。

もう数年毎月通っている整体の日でした。

元気でも元気でなくても元に戻してもらうのに通っています。

おおごとになる前にいつも腰やら脚やら治してくれているらしいです。

ので体のことはいつも全部お任せの先生ですが、今日も面白かったので「先生、名前出していいですか?」と聞いたら、どうぞ、とのことだったので、ついにオオヤケにご紹介します。

今予約は9月が取れるかどうかだそうですよ。

パニックや鬱から、痺れまで・・・

困ったら行ってみてね。

(本当に行くことになったら、北村の名刺と先生のパンフレットがあると、初回色々良くしてもらえるので、言ってください、何かの荷物を送る際に送ります♫)

top












勿論、腱鞘炎で、朝まで「いたああああああああいいいいいい」とやっていた訳ですが・・・。

TWでもだめ、新しい周波数機器でもダメ。

そんなことがあるんかいな、と、思うでしょ、しかしながら機器がダメというより、

私がそもそも何も痛みの周波数を出していなくて元気そのものなので機械でも変えられない訳です。

先生の所にあるメタトロンでも先月も昨日も「何も問題ナッシング」。

周波数的には「何も起こっていない」@元気!と言う訳です。

が、痛いのですよ・・・。自分がポンコツすぎて泣けてきます。グスン。

昨日まで、紙一枚捲るだけで「いたあああああい」とやっていたので、手は固定、湿布はロキソニンの最も強いEXタイプのやつ。でもいたああああい・・・。何にも効かなくて、地震や雨の前はもう最悪に痛い。まるで歩く痛風みたいで、シャワーの圧でさえ痛くて、先生に「私は痛風なんですか」と聞くと「そんな訳ないじゃないですか」と。

で・・・先生に散々「めちゃくちゃ痛い」と熱弁するのですが、先生は涼しい顔で「ははは!どうしちゃったんですかーそんなに手技練習したんですか?(していないです)」と面白そうに笑っているだけです。ちぇ。痛いんですよ。本当に。皿一枚持ち上げるだけで手がまるでぎっくり腰のような痛み、「ああああああ!!!!」とかやっている訳です。日々周りから見たら、元気なのにお皿一枚持ち上げられないお嬢様コントですよ、とほほ。

体を治した最後に、右手。

この2ヶ月、手が動かないので、グーチョキパーが出来ない訳です。

ジャンケンしないけど・・・

パーなんてしようものなら、「うあああああ」と叫んでしまう。

親指も2ヶ月逸らしていない。

のに先生てば、腕と肩とクルクル・・・とやって、いきなり一番痛い親指を返し始める。

・・・・?痛くない?芯にちょっと痛みを覚えるけど・・・?

「久しぶりに親指が反らせましたよ?何しているんですか?」

と問うと、

「情報がうまく伝える事ができなくなっていて繋がってない神経を繋ぎ直している」とのこと。

痛みを覚えている震源地を治すわけではなくて、うまく使えていない神経を繋ぎ直しているだけ、だそう。

一つつなぐと別のラインが痛くて、ここ、ここ、と、痛みを覚える場所が動いていくので、そのたびにちょっと手を動かして、最後には、芯の痛みはあっても、久しぶりにグーパーができるようになりました。

「脳梗塞で手が動かなくなった人を動かせるようにするのもこの方法」とのこと。

朝まで「うぎゃあああ」と叫んでいたのに、今はグーパーをしている。

あまりの謎な手技に、

「へ?私は実は脳梗塞だったんですか?」

と思わず意味不明な質問をしてしまう。

「違う、繋がってない神経を繋ぎ直しているだけですよ・笑」

という真っ当な回答に、驚きすぎてボンヤリと大ボケをかました事に気づきました。

「繋がっていないというのはどういうふうにわかるのですか?」

と問うと、

「問いかけても、ふにゃっとして何も返答がない感じ」

とのこと。

手技が終わった後にメタトロンを受けているとき、

多少手が痛みを感じたので、「ちょっぴり痛い」と言うと、

先生が痛い場所に指を置いて、ポツリと「届け届け」とそっと言ったので、

私も「痛いのイヤなので、神経繋がって〜。届けー」と言うと、

また痛くなくなる。

うん?話しかけるだけで体は神経繋ぎ直してくれる・・・???

どうも先生も視覚化している感もあり、時々ワークの方法を互いに共有することがあるのだけれど、

大体同じ仕組み。なので、繋がっていない場所を探し出して、繋がれ、と、言うだけ。

今これを打っているだけでもちょっとギシギシしたり、痛いなあと思うけど、

また「痛いのイヤだから神経繋がって〜届け〜」と言うと、また痛くなくなる。

先日NHKBSの番組「ヒューマニエンス」で、「痛み」を取り上げていたのを見ました。

痛みというのは非常に曖昧で、脳の錯覚も大きいとのことでした。

どこどこが痛いと思っているけれど、実は信号違いで別の場所のこともある、と・・・。

だから、これだけ痛み止めも何も効かないのはおかしいなあと思っていた所です。

痛み方も異常だったけれど、治り方もまた神の手にて。

手技だけで数千あるのを組みわせると言っていました。

私にできるのは魔法の言葉と視覚化のみです。

届け〜と先生が信号を出して繋がるのと、

痛いの痛いの飛んでけー!は多分同じ。

大人にも魔法の言葉のようですよ。

まだ時々痛むけれど、紙一枚めくるのに痛いとかは治ってます。

腕を多少返せる・・・!

無理をしてはいけないらしいですけども。

このまま治れ〜^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です