タイムウェーバーとは

*現在導入予定で動いております。2020年内の導入を目指しています。以下は導入後に使用するために記載したものであり、今すぐにはお受けいただけませんので予めご了承ください。

現在意識浄化プロジェクトの意思に同意してくださる方のご協賛を募っております。

◇タイムウェーバーとは◇

マーカス・シュミーク(ドイツ)が制作した、最新の量子物理学を応用した機器をいいます。

非常に端的に伝えると、人の意識とは何か、人がどのようなエネルギーを発しているか、影響を受けているか、などを可視化する装置です。

タイムウェーバーが行うことは、大まかに「分析」と「最適化」に分かれます。

◇開発者マーカス・シュミーク氏について◇

彼は「人間の意識とは何か?自分とは何か?私は誰か?」について青年時代から深く追求していました。人の真実には物理学を通して近づけると考え当初物理学を専攻していました。しかしながらそれだけでは足りないと考えインドへ渡ります。数年かけてインドの哲学を学び、そして僧侶となりました。そしてある日「物質世界と精神的な世界を繋ぐ機器を作ること」というアイディアが浮かび、ドイツへ戻ります。そして再び物理の世界に戻り、量子物理学と意識や哲学を結び付けて、現在の機器を開発しはじめました。タイムウェーバーの開発目的はシンプルで「人を目覚めさせること」です。この機器を通じて「目的意識を持って生きること」を味わうために活用して欲しいと考えているそうです。

彼は長年古代インドのヴェーダの研究に関わっており、科学と哲学の本を20冊以上書いています。タイムウェーバーの開発と共に、2009年以降ハリドワール(インド)のサンスクリッド大学の客員教授をしていました。

◇タイムウェーバーが行う事◇

人間の意識を可視化し、不要なものを削除し、人の情報を新たに書き換えます。

人やものや動物、物理的に写真に写ることができるものから、写らないものまで、人が認識している存在のすべてをを一つの情報(タイムウェーバー社はインフォメーションフィールドと呼んでいます)」として把握し、その人との関係性や関連性について解き明かします。情報を読み解くだけでなく、適正化も行います。

世界には各種そうした調整する機器(注)はありますが、意識に注目し、12次元(魂の領域)まで調整する機器はタイムウェーバー以外にはなく、主たる特徴でもあります。

(()他にはロシア発の体内の臓器や毛細血管の一本まで可視化しチャクラを分析するメタトロンなどがあります。ロシアが宇宙飛行士の精神と肉体の回復を目的として開発したものです。地球帰還後の宇宙飛行士の肉体は大きくダメージを受けていますが機器を使用した飛行士はその生体回復スピードが早く、非常に明らかな成果を上げていました。当初こうした機器に懐疑的であったNASAも後日開発しています。)

日本以外のヨーロッパでは医療機器、代替医療、アドバイスの指針のひとつとして認可されており、世界各国数千台が導入されています。

(日本では医療機器として認可されていません)

◇日本でのこうした機器の立ち位置◇

日本ではこうした機器は医療としては認められていません。「可視化できる自分の情報の一つ」として扱ってください。

(免責事項:決して医療を提供するものではありません。この機器の分析により何か気になることがある場合は、改めてお医者様にご相談の上、検査等の上、ご意見やご判断を必ず仰いでください)

我々ヒーラーが遠隔ヒーリングを行う事同様、この機器による情報の受信送信は、時間空間を超えて行われます。この機器は、素粒子の最小単位である光子を分析し、送受信しています。分析には一切の痛みもなく、たった数秒です。周波数を飛ばす場合も1度に1分程度で十分伝わります。調整が終わると項目は自動で消えていきます。1日数度、2週間~1か月程同じ内容を継続して自動で調整し続けます。

どの場所に住んでいようとも全国どなたでもお受けいただけます。入院時や、何かと移動しづらい場合、パソコンなどが不慣れで物理的にZOOMなどが使えない場合でも、その場にいながら安心してお受けいただけます。弊社に足を運んでいただく必要はありません。もちろん、対面にて弊社にてお受け頂いても構いません。結果は同じです。

◇意識の研究の実用化 12次元理論◇

ドイツ人物理学者のブルクハルト・ハイム(1925~2001年)は、「統一場理論」にて、人間の意識の領域を12に分ける事を提唱しました。タイムウェーバーではこれを応用し、実際に機器に搭載しています。


分析時には、人間が持つ意識がどの領域から来ているのかも分析します。
1~6次元は肉体レベル、7~12次元は精神レベルの調整になります。

およそ3次元を超えた部分は、普段直観として認識されている部分であり、無意識と呼ばれる部分でもあります。タイムウェーバーは無意識の領域を可視化し、潜在的に持っている部分や才能へ深くアクセスしていきます。

ブルクト・ハイム(1925~2001年 ドイツ)による12次元理論

◇タイムウェーバー ビズ◇

弊社で導入する予定である機器は、「タイムウェーバー ビズ」という、豊かさの面に特化して人をすこやかで豊かにするというタイプの機器です。

タイムウェーバービズは、個人や起業家に「可能性や潜在能力がある」という気付きをサポートすることで、人の可能性や潜在能力を引き出していきます。

特に起業家にとって自ら運営する会社は起業家や建物土地を整える事でさらに発展する可能性があります。その可能性や時期なども探っていきます。

マーカス氏のコンセプトは「目的意識とすべての瞬間の人生の意義を味わう事」とのことですので、目的意識のある方へ具体的な回答をします(時に抽象的に思えるような回答でも実行してみると最善の回答になります)。

◇具体的にできること◇

・豊かさについての分析サポート

・個人の幸福や成長したいという気持ちに対するサポート

・疑問や希望、目標への応答

・問題を明らかにする

・人間関係についての持っている不要な思考パターンなどの分析
(他者を許可なく分析することはできません)

・目標設定に対して目標を達成するたに強調と努力するためのサポート
(健康、経済状態、ワークライフバランス、人間関係、パートナーシップ、など)

・目標に向かう際に不要な思考パターン・トラウマ・先祖からの影響などの消去

・どの領域から影響を受けているかの分析(目的に応じて自動で分析します)

・建物や土地の調整

・経営者の場合)ご自身の会社の分析・ビジネスを成功させるための示唆

・起業について

・発展的な未来予測への有益な評価・財務体制の強化

など。人、動物、なんでも分析が可能です。

・弊社では、「ペタルトーンエッセンス」「天然石」「ARTQが扱うアロマオイル」など、弊社取扱品も登録の上、分析していく予定です。

◇受けて変化が早い人・変化が起きにくい人◇

今の自分を変化させたい、日々自分の声を聞いている方、自己分析が得意な人、素直な人、だそうです。純粋な人、行動できる人、受け容れられる人、タイムウェーバーからの回答を、理解はできなくても言われた通りにやってみる事ができる人などは変化が早いようです。疑問への回答として出てきたアドバイスが例え理解しづらくとも、よくわからないけれどとりあえずやってみる、という方に向いています。ワーク時に「よくわからない」と感じる部分に、セッションの真の回答があるようです。

自己分析が苦手で考えたことが無い人、すべてタイムウェーバー任せにしたい人、「いやいや」と回答を信じられず何もしない人、目的や目標のために一切の努力なしにタイムウェーバーさえ受ければ叶う、今すぐ叶う、機器に頼らず現実は自分でコントロールすべき、というような場合もあまり向いていません。恐らくどんな分析や回答が出ても「それは私だ」ということも受け入れにくいかもしれません。変わりたい、目的を持って生きたい、という思いをサポートする機器のため、皆さまを変えたいと思ってワークはしておりません。その場合今は受けるタイミングでは無いのかもしれませんし、受けない方がよいかと思われます。

とはいえ信じる信じないというものでもありませんし、人間的な相性もあろうかと思います。機器は弊社以外にもたくさんの方がお持ちですから、何となくピンと来る方からお受け下さい。使用者の意志は出来る限り影響させないよう作られているそうですので、心から信頼をおけると思う方と共にお進みくださいね。

◇ヒーリー◇

タイムウェーバーは12次元までを調整しますが、スポーツマンや一般的な人達で日々調整していたいと考える皆さまにも手に取りやすいデバイスとして「ヒーリー」という機器も開発しています。これは6次元(肉体レベル)まで調整するものです。調整項目は(ゴールドサイクル・局所刺激・学習・フィットネス・仕事・睡眠・精神のバランス・美容・肌・経絡・生体エネルギー・チャクラ・プロテクションなど)120項目を超え、最上位機種ではオーラ分析調整なども可能となっています。リラックス・免疫・保護プログラムなどは今現在非常に役に立つように感じます(医療ではありません)。制御はスマートフォンのアプリで行うため、スマートフォンを持っている必要があります。購入は紹介制&個人輸入のため、興味があり買いたい場合はお声かけ下さい。肉体レベルでの不調和が、魂レベル(7次元以上)から来ている事もあります。調整しても肉体レベルに変化が出ない場合はタイムウェーバーセッションと併用してみてください。

ヒーリー本体は手のひらサイズです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です